“クラス全員が美少女”のホラー映画『劇場版 零~ゼロ~』に人気モデル・中条あやみと森川葵が出演!

左から森川葵、中条あやみ、安里麻里監督。舞台となる女子高の制服姿で登場した

ハリウッドでもリメイク作品が作られるなど、その独特な怖さで世界的に注目される日本のホラー映画。今秋には、ホラーゲーム「零~zero~」を原案とする実写映画『劇場版 零~ゼロ~』が、全国劇場で公開(9月26日~)されることになった。

2001年にPlayStation2用ソフトとして発売され、累計130万本を売り上げた「零」シリーズ。その大きな特徴は、武器にもなるカメラ「射影機」を用いて謎を解決していくゲームシステムと、廃墟の日本家屋や板張りの廊下、日本人形といった和風ホラーの要素を盛り込んだ点。欧米でも販売され、人気を博している。

17日には都内で、「『零』シリーズ最新作/メディアミックス発表会」が行なわれ、映画に主演する中条あやみと準主演の森川葵(あおい)、そして多数のホラー作品を手がける安里麻里(あさとまり)監督が登場し、トークショーを行なった。

中条と森川はともにファッション雑誌『Seventeen』で活躍する専属モデル。「すごい毎日監督に怒られながらも、楽しく撮影しました」(中条)というように、撮影中も仲の良さを発揮していたようで、この日もその親密ぶりを見せつけていた。

映画初出演にも関わらず、主演を射止めた中条に対し、安里監督は「美しいだけでなく、どこか近寄りがたいというか、神秘的な雰囲気のある」主人公に重ね合わせ、「この子しかいない!と決めた」とか。

「近寄りがたい」という、ある意味ネガティブワードに対し、すかさず森川が「でも、実際は近づきやすいですよ」と、フォローを入れるやさしさを見せるも、イタズラやどっきりが趣味という中条は「下手したら私よりも不思議かもしれない(笑)」と、年上の森川をからかうように暴露。それに「いやいやいや、中条さんには負けますねー」と森川が言い返すなど、そのやり取りに会場は和やかな雰囲気に包まれた。

しっかり映画のアピールをしていた森川だったが、中条に「不思議ちゃん」と言われると「いやいや~」と逆ツッコミ

舞台の女子校はありえないほど10代の美少女ぞろい

女子高を舞台とした今回の作品は、このふたり以外にも多くの美少女が登場するのも大きな魅力だ。見どころを聞かれた安里監督は、

「零の大事な世界観として美少女ホラーであるところを一番大事にしました。10代の女のコにたくさん出ていただいて、10代の女のコたちだからこそ醸(かも)し出す、独特な大人になる一歩手前の空気感というものが映ってるかなと思います」

と、エキストラの女性に至るまで10代を揃(そろ)えたという自らのこだわりを披露。エグゼクティブプロデューサーの井上伸一郎も「クラス全員が美少女という、非常にあり得ない学校を作りました」と自信たっぷりに太鼓判を押した。

美女揃いの出演者たちに、恐怖とは違った“ドキドキ”を期待してしまう本作。ホラー作品が苦手であっても、気になってしまうのは間違いない!

この日の発表会では、KADOKAWAの角川歴彦(つぐひこ)取締役会長や任天堂の宮本茂代表取締役、コーエーテクモゲームズの襟川(えりかわ)恵子代表取締役会長なども登壇。トークショー以外に、新作ゲーム『零~濡鴉の巫女(ぬれがらすのみこ)』の製作を発表。さらに、『多重人格探偵サイコ』の原作者である民俗学者・大塚英志(えいじ)氏による小説『零 女の子だけがかかる呪い』や、「金田一少年の事件簿」シリーズで有名な原作者・天樹征丸(あまぎせいまる、別ペンネーム・樹林伸[きばやししん])による漫画『零 影巫女』のリリース、ハリウッド映画『FATAL FRAME』の製作も告知された。

関連サービス