80年代オマージュ満載のファースト写真集の発売が決定した頓知気さきなが抱く夢とは?「ゆくゆくはアグネス・ラムさんみたいな小麦肌のミューズを発掘したいです」


ファースト写真集『ときめきヒロイン』(集英社)を4月21日(水)に発売することが決定した頓知気さきなちゃんが、3月29日(月)発売の週刊プレイボーイ15号で表紙&巻頭グラビアに登場!

グラビア大好きな彼女の写真集へのこだわりとは? そして、『青春高校3年C組』を卒業する今、抱く夢とは!?

■ちょっと不自然なポーズが見どころです

――写真集発売決定、おめでとうございます!

頓知気 ありがとうございます。昔からグラビアが大好きで写真集もかなり集めていたので、いつかは写真集を出したいと思っていたんです。でも、まさかこんなに早く夢が叶かなうとは思っていなくて。しかも、20歳の自分を撮影してもらえたので、そういう意味でも特別感がありました。

――群馬と奄美大島で撮影したんですよね?

頓知気 そうです。泊まりでのソロ撮影は初めてだったので緊張しました。でも、撮影が始まってからは、だんだん慣れてきて楽しかったです。カメラマンの細居(幸次郎)さんが、ちょいちょい変な指示を出すんですよ。「ヤー!って言いながら縄跳びを跳んで」とか、大きな浮きがぶら下がっているところを指さして、「走っていってあの浮きにパンチして」とか(笑)。

――面白いですね。

頓知気 でも、そのおかげでちょっと不自然だけど面白いポーズが撮れました。私、小さい頃から「動きがトリッキーだね」ってずっと言われてきてたから、変なポーズをしてる写真を見て「私っぽいな」って思いました(笑)。意識してキメていない分、素が出ちゃったんだと思います。

――もしかして頓知気さん、運動が苦手なタイプ......?

頓知気 周りからは「運動神経が悪い」って言われて生きてきたんですけど、自分ではいいと思ってます! ジャンプしながら撮影したときも、動きはちょっと変でしたけど跳躍力はすごかったんです。ポテンシャルは秘めていると思います!

――わかりました(笑)。ほかに撮影中で思い出に残っていることはありますか?

頓知気 奄美大島で、昔ながらの民宿に行ったんです。そこのおばあちゃんが、銀色でキラキラした四角いものを「食べな」って出してくれて。でも、見た目は完全に文鎮(ぶんちん)なんですよ!「これ食べていいやつ!?」って思いながら恐る恐る口に入れたんですけど、お餅みたいなモチモチ食感ですごくおいしくて。郷土菓子みたいなんですけど、それは驚きました。

帰りは、おにぎりとかパッションフルーツとかをいっぱい持たせてくれて、盛大にお見送りしてくれたんです。私、親戚もみんな東京で田舎がないので、初めておばあちゃんちに帰ったようなほっこりした気持ちになりました。

――そんな心温まる出会いがあったんですね。ノスタルジックな雰囲気もある写真集ですが、ずばり見どころは?

頓知気 随所に80年代っぽさを取り入れているところですね。オレンジと白のストライプの水着のカットがあるんですけど、これは河合奈保子さんへのオマージュです。

――写真選びには頓知気さんも携わっているとのことですが、こだわった点はありますか?

頓知気 一番最後にベッドに座っている何げないカットを入れているんですけど、私はこれがけっこう好きで。なんでもない表情とポーズが、写真集を〝完結させない〟感じがして、余韻を感じられるかなと思っています。

――さすが玄人(くろうと)目線の演出! 

頓知気 ほかにもこだわりがたくさんあるので、早く皆さんと一緒に見ながら「この写真の海と空と水着のコントラストが最高!」って語り合いたいです。

■グラビアを"女のコを認める場所"にしたい

――頓知気さんは、テレビ東京系の人気番組『青春高校3年C組』に出演し、注目を集めた部分も大きいですが、3月で番組終了とともに卒業となります。やはり、青春高校で学んだことは大きかったですか?

頓知気 大きすぎました。喜怒哀楽の感情も、すべて青春高校で教わったってくらい初歩的なことから教えてもらいました。

――アイドル部のセンターを務めたり、演技に挑戦したりとたくさんの経験を積みました。

頓知気 バンジーも跳んだし、だいたいのことはやったんじゃないかな。大変なこともあったけど、終わるとなんでも「楽しかった」って思うタイプなので、「もう二度とやりたくない」ってことは意外とないかも。

――バンジーも?

頓知気 やれって言われたらできちゃうかもしれないです。ほかにも、豊洲(とよす)PITでワンマンライブをしたとき、1000人くらいの来場者全員に手作りのミサンガをプレゼントするっていう企画をやったりもしました。毎日、テレビ東京の小さい部屋に集まってミサンガを編んで、夜も家で編んで......。大変だったけど、それもいい思い出です。

――本当に青春高校は第2の学校、第2の"青春"ですね。

頓知気 私、学生時代は青春してなかったから、これが第1の青春です(笑)。昨日、ちょうど学生時代の卒アルを見返してたんですけど、運動会とか文化祭とかイベントの写真に、ことごとく私、写ってないんですよ。実際の学生生活では、いかに自分が青春を送ってこなかったかというのを実感しました。

――そんな頓知気さんが、青春高校ではアイドル部のセンターですもんね。

頓知気 本当に成長しました。

――仕事の幅も広がったと思いますが、今後の夢は?

頓知気 昔は、夢を聞かれると"お嫁さん"と答えていたんです。人生を諦めてたし、「結婚はゴールだ。早くゴールしたい」と思っていたから。でも今は、ちょっと違うかなって。青春高校を経て、大好きだったグラビアに「自分も出たい」と思えるようになったから、この先もずっとグラビアに触れていたいと思っています。

――いつかは完全自己プロデュースの写真集を出したり?

頓知気 楽しそう! 私は、もともと物を作ることが好きなので、スタッフの一員として誌面を作ってみたいです。ゆくゆくはグラビアアイドルを発掘して育てることにも興味がありますね。今は美白ブームだけど、私は小麦肌もめっちゃ好きだから、アグネス・ラムさんみたいなミューズを見つけたいなって思うし、胸の大きさとか体形にコンプレックスがあるコには、そのコが抵抗感なくできるグラビアを考えたいんです。グラビアを"いろんな女のコを認める場所"にするのが夢ですね。

――素晴らしいです! ちなみに、お仕事以外でやりたいことってあるんですか?

頓知気 もともとお絵描きが好きなので絵を描いたり、手芸をしたり、漫画を読んだり......。どこに発表するわけでもないんですけど、時間ができたらそういうことがしたいです。

――最近ハマっていることは?

頓知気 猫ちゃんを飼い始めたんですよ! 名前はモネちゃんです。ミヌエットっていうマンチカンとペルシャ系の猫とのハーフで、短足で長毛で超かわいいんです。 なので、最近はモネちゃんと遊ぶのにハマってます♡  なんか最後だけ、めっちゃアイドルっぽい!(笑)

■頓知気さきな(Sakina TONCHIKI)
2000年3月6日生まれ 大阪府出身
○『青春高校3年C組』から誕生したアイドル部ではセンターを務めた。実姉・戦慄かなのとのアイドルユニット「femme fatale(ファムファタール)」としても活動。写真集公式Twitterも近日始動! 公式Twitter【@tonchiki_doll】 公式Instagram【@arigato_v】

関連サービス