【週プレ プラス!】ガンプラマニア・東雲うみ「グフカスタムは今まで見たモビルスーツのなかで一番殺気を感じました」【偏愛ガールズクエスト】


『週刊プレイボーイ』が運営するグラビアコンテンツサービス『週プレ グラジャパ!』で新しく始まったサブスクリプションメニュー『週プレ プラス!』。その中のコンテンツ「+コラム」で、『偏愛ガールズクエスト』を配信中!

女のコたちが寝食を忘れて没頭する趣味、いわゆる"沼"を紹介するこの連載。第一回目は自身のYouTubeチャンネル『うみちゃんねる』でガンプラ制作が話題になった人気グラドル・東雲うみ

大学生のころから、ガンプラにハマった東雲がその魅力を明かす。連載内から一部を抜粋して紹介します。

* * *

――いまどれくらいガンプラはあるんですか?

東雲 作ってない"積みプラ"は60体くらいです。買うのを控えてはいるんですけど、自分の手元にないと不安で。受注生産のシリーズも欲しいけど、実家なので家族に積みすぎだって止められてます。

――実際に組み立てたのは?

東雲 10コくらいですね。RGやMGはパチ組み(※説明書通りに組み立てること)だけで2日とかかかるし、塗装するとなると乾燥もあって時間がかかるんですよね。


――すいません、MG、RGとは?

東雲 あ、マスターグレードとリアルグレードです。ガンプラはEG(エントリーグレード)、HG(ハイグレード)、RG、MG、PG(パーフェクトグレード)などに分かれてて、それぞれ大きさやクオリティ、それに作る難易度が違うんですよ。

RGとかは元の出来が良すぎて改造しにくいから、ものすごい難しくて苦手なんですよね。HGだと手を加える余地があるので、作りやすいシリーズを自分好みにするのが好きです。

――どんな改造が好みなんですか?

東雲 基本的には、アニメに出てくるようなストーリー性のあるものにしたいんですよ。正解がないのがガンプラであって、自由だと思うから、よりリアリティを求めてしまいますね。

――リアリティと言うと......。

東雲 例えば、Zガンダムのガンプラならスペースデブリの衝突を考慮した傷をつけたり。初代ガンダムは、もともとある筋とかディテールアップの部分を殺して、当時のアニメの雰囲気を再現しました。

――当時のアニメ画は今と比較して荒いから、現在のガンプラのクオリティが高すぎてしまうと。

東雲 そうです。でもリアリティ=完全再現だけではないんですよ。あくまで自分のなかで設定を作り込めばいいと思うので。

グフカスタムなんかは、けっこう自分のイメージを投影してます。アニメでガンダムEz8との白兵戦を観て、今まで見たモビルスーツのなかで一番殺気を感じたんですよ。アニメだと鮮やかな水色なんですけど、その殺気を表した色にしようと紫っぽい青に塗りなおしました。


――どんな姿が一番カッコよく映るか、自身で表現しているということですね。

東雲 "汚し(塗装)"ひとつとっても、ストーリー性が無いまま汚すと、人工的で違和感のある汚しになるんですよね。ちゃんとアニメのストーリーにのっとったり、自分の頭で描いたモビルスーツの戦い方とかを考えた上で作るのがいいと思います。ガンプラのためにもう一度アニメを見返したりしますもん。

――ところで制作技術は誰かに教わったんですか?

東雲 全部独学です。プラモデルは専門誌とかネット上にいろんな技術があるので、それをかき集めて。影を濃くしてメリハリをつける「スミ入れ」とか、筋を深く掘り直したり、新たに溝を作ったりする「筋掘り」とか、ほとんど知らなかったんですけど、全部勉強しました。

――手先が器用じゃないと難しそうですね。

東雲 いやいや最初は誰でも失敗しますよ。だから練習するんです。私もいきなり筋掘りして傷つけるのは怖かったからプラ板で試しました。今はパテで埋めたらいいと分かるので怖くないですけど。色も自分で調色するんですけど、それもプラ板で試したり。

――ガンプラを作っていて一番楽しい瞬間は、やっぱり完成したときなんですか?

東雲 一度パチ組みをしてバラした時ですね。これから自分の思い描いたガンプラになっていくんだなと思うとウキウキしてくるんです。結局、自己満足だし、そこからが大変なんですけど一番心がときめく時です。時間があれば本当に朝から晩までやってしまって、目も腰も痛くなるからツラいんですけど。


★『偏愛ガールズクエスト』
【週プレ プラス!】+コラムにて毎週火曜日配信(会員限定)
【https://www.grajapa.shueisha.co.jp/plus】
*『週プレ プラス!』(30日間、税込1500円/初回・クレカ限定 30日間0円)は『グラジャパ!』で加入できるグラビアに特化したサブスクリプションメニューです。

●東雲うみ(しののめ・うみ)
1996年9月26日生まれ 埼玉県出身。身長162cm B90 W59 H100 
○OLとして一般企業で営業職を経験後、2020年1月にグラビアデビュー。Gカップバストと100cmヒップで「グラドル界の二刀流」として活躍。また、昨年末に自身のYouTubeチャンネルで、満を持して公開したガンプラ制作動画が話題となり、270万回再生に達した。最新DVD『恋人になってあげる』が発売中。
公式Twitter【@sinonome_umi】 
公式Instagram【@umi_portrait】 
公式YouTubeチャンネル『うみちゃんねる』
URL:https://www.youtube.com/channel/UCLnac6g3R8YcGOisZxsVIpw

●GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE
住所:東京都千代田区神田花岡町1ー1
アクセス:JR秋葉原駅より徒歩1分
営業時間:10:00-22:30(Zeon's Diner TOKYO 17:30-22:30)
※営業時間が異なる場合があります。
最新の営業時間は公式HPを必ずご確認の上、お出かけください。
URL:https://g-cafe.jp

(撮影協力/GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE Ⓒ創通・サンライズ)

関連サービス