数々のオーディションを勝ち抜いた"無敵のグラドル"高崎かなみ「念願だったファースト写真集。今見せられるすべて、感情のすべてを詰め込みました」


"無敵のグラドル"としてブレイク中の高崎かなみちゃんが、6月28日(月)発売の『週刊プレイボーイ28号』で表紙&巻頭グラビアに登場。

7月14日(水)にはファースト写真集『カナミノナカミ』を発売予定の彼女が、撮影中のハプニングやお気に入りのショットまで、写真集の見どころを自ら語った!

■天気に恵まれたロケが逆に不運!?

──いよいよ写真集の発売が迫ってきましたね。

高崎 ずっと夢だったファースト写真集、もうワクワクドキドキですよ。私が本格的にグラビアを始めたのは2018年。初代グランプリに選んでいただいた「サンスポGoGoクイーンオーディション」がキッカケでした。

その頃はグラビアに関して右も左もわからなくて、いろいろ勉強するうちに、「写真集を出せるってスゴいことなんだ」ってわかって。私もいつか出せたらいいな、でも、そんな簡単にはできないし、多くのファンがいなくちゃダメなんだろうなって思っていたんです。だから、今でも本当に写真集が出るのかなって思ったり。

──そんな壮大なドッキリはないです(笑)。写真集まで出せたのは、数々のオーディションを勝ち抜いてきたかなみちゃんの努力の結果。2019年10月には週プレ創刊53周年企画「NIPPONグラドル53人」にも出演。そこでもLINE LIVEによる、ソログラビア争奪戦で1位になっています。

高崎 あのときは本当にうれしかったです。53人グラビアを撮影したとき、周りはツイッターなどでよく見る有名なタレントさんばかり。私がココにいてもいいのかなって不安になっていたくらいですから。コロナ禍が収まらない限り、ああいう大規模な撮影は、もう経験できないかもしれないですよね。

──オーディションではネット配信をしないといけなかったり、けっこう大変そう。

高崎 よくそう言われるんですけど、私にとっては好きなことなので、全然苦じゃなくて。ファンの皆さんとお話しできるし、すごく楽しい時間なんです。

──写真集の発売記念オンラインイベントも楽しみですね。撮影で一番覚えていることは?

高崎 3泊4日の沖縄ロケだったんですが、運のいいことにずっと晴天だったんですよ。でも私、太陽光に本当に弱くて......。写真集っていうと、きれいな海、青い空!っていう感じですが、そういう場所に行くとまぶしすぎて、自動ドアのようにパッと目が閉じちゃう。瞬きが高速すぎて、スタッフさんたちから「ギネス狙えるよ」ってツッコまれたくらい。撮影前は、「コロナ禍じゃなかったらハワイに行けたのかなぁ~」なんて夢見ていましたが、行ったら大変なことになっていたと思います(笑)。

──目が閉じっぱなしだったでしょうね......。ほかに大変だったことはありますか?

高崎 ナイトプールの撮影。まだ寒い時期だったので、日が落ちると一気に気温も下がって。しかも泳げないから、プールの中で機敏に動けず......。気持ちはヤル気満々なのに、カラダが勝手にぶるぶる震えていました。けど、頑張ったかいあって、すごくすてきな写真を撮ってもらえたのでよかったです。

──写真集では、超セクシーなお尻ショットも多いですよね。

高崎 普段Tバックはあまりはかないので、撮影中はちょっと違和感がありました(笑)。お尻が透けているレースのショーツも、好きな下着。リボンがついていて、すっごくかわいかったんですよ~。

──とても似合っていました。

高崎 そうそう、自分のバックショットって見る機会って、あまりないじゃないですか。写真を見たとき、こんなにお尻が大きいんだって、ちょっとビックリしました。自分のカラダにはそんなに自信がないのですが、きっとこういう体形が好きっていう方もいらっしゃると思うので、いろんな人にこの写真集を手に取ってもらいたいです。

■白いワンピースの下はどうなってた?

──写真集の中で、好きなカットは?

高崎 白のワンピースです。今回のグラビアでいうと、アイスを食べているシーンで着たものですね。写真集の中ではもっと使われているんですけど、実はこのワンピースの下は、逆光での透け感を出すためにほとんど何も着て......って、あとはご想像にお任せします(笑)。

──ええ、まさか! ちなみに写真集のタイトルはかなみちゃんが決めたんだよね?

高崎 そうなんです。ファーストだから自分の名前を入れたほうがいいかなって思って、マネジャーさんといろんな案を出していくなかで生まれました。いろいろと意味深な感じがして、気に入っています。

──そして、写真集発売日の7月14日は、かなみちゃんの24歳の誕生日! 

高崎 小さい頃は、24歳っていうとお姉さんってイメージだったんですが、今の私を見ると、ゲームはするし、よく寝るし、全然大人になれていなくて。同世代の友達は結婚したり子供を産んだりしているのに。精神的にもっと成長しなくちゃダメですよね。

──今後やってみたいことは?

高崎 グラビアのお仕事では、昨年から雑誌の表紙を飾れるようになったので、夢は大きく、「カバーガール大賞」を獲とってみたいです! あと、お芝居の勉強をしているので演技も頑張っていきたい。

プライベートでは、最近ダンスを習い始めたんですよ。K-POPが好きなので、ダンスを踊れるようになったらカッコいいだろうなぁって思って。ただ、ダンス未経験なので、グループでの基礎レッスンを受けています。年齢層が幅広くて、いろんな方がいらっしゃるからすごく楽しいですよ。

──いつか披露してください。

高崎 恥ずかしくないレベルにまでいったら、TikTokやYouTubeでお見せしたいなと。いつになるかわからないですが、待っていてください!

──最後にメッセージをお願いします。

高崎 今見せられるすべて、そして私の感情のすべてをファースト写真集に詰め込みました。ぜひ楽しんでください!!

■高崎かなみ(Kanami TAKASAKI)
1997年7月14日生まれ 神奈川県出身 身長160㎝ B82 W58 H80
趣味=ファッション、美容、メイク 特技=ソフトボール
○2018年にグラビアデビューし、「サンスポGoGoクイーン」「ミスジェニック2019」でグランプリに。ファッション誌『mina』(主婦の友社)のモデルを務めたほか、女優・タレントとしてドラマやバラエティ番組に多数出演。
公式Twitter【@Kanami_Takasaki】
公式Instagram【@kanami_takasaki】

関連サービス