グラビアクイーン・沢口愛華が新事務所で東京進出「心機一転して前向きになれたので、今の自分はすごくいいなって思います!」

今年4月からフリーで活動していたグラビアクイーン・沢口愛華が、東京の芸能事務所「インセント」に所属することを発表した。

インセントといえば、山本美月や山本舞香、桜井日奈子などの人気女優がそろう芸能事務所。元々女優志望だった彼女にとって、願ってもないチャンスだろう。これを機に地元の名古屋から上京し、本格的に芸能活動をスタートさせる。

今年は高校を卒業し、新生活に期待を寄せていた沢口さん。事務所所属や上京への思い、気になる今後の活動などを聞いた。

――所属事務所が決まってよかったですね。今のお気持ちは?

沢口 こんな美人さんたちの中に入れるんだと思うと、うれしいです。女優さんやモデルさんとして活躍されてる方々がたくさんいるので、ここに自分が所属していいのかなって不安も正直あったんです。ダイエットに真摯的に取り組まないといけないと思ったんですけど、それは言われなかったので安心しました(笑)。

――前回のインタビューで「高校卒業後は芸能一本でがんばります」とキッパリ言っていて、解放感を感じているのかなと思いました。

沢口 そうですよね(笑)。やりたい気持ちよりもやらなきゃいけないって気持ちが強くなってたんですけど、目指したいものをちゃんとできる環境が整ってきて前向きになれたんですかね。今は心機一転して、目の前のことを明るく捉えられているので、今の自分はすごくいいなって思ってます!

――昨年アイドルを卒業し、今年は高校を卒業して前事務所を退所。切り替えというか、完全にフリーの状態になったこともよかったのかもしれないですね。

沢口 もう週5日で外に出なくていいんだと思ったら本当に嬉しくて! でも、自由を阻むものがすべてなくなっちゃったので、家で暇を持て余してしまう時期もあって。1日1回、家中をクイックルワイパーかけて洗い物して、って生活を繰り返してたら家事が早くできるようになったので、家庭的なところは成長しました(笑)。

――この一年で家事も急成長でしょうね。名古屋在住でしたが、もう上京されてますか?

沢口 7月からひとり暮らしが始まります。私よりも親が一生懸命になっていて、物件探しからすごかったですね。父は東京に住んだことがあるのでいいところを探してくれて。母は「絶対に2階以上でオートロックじゃなきゃ」って、女のコが住むならこれだって条件を掲げて。母から「子供のためにやってあげることがなくなるからちゃんとやりたい」って言われたので、これからは自分も大人の分類に入るんだなって実感しました。

――お母様の気持ちを考えると泣けてきます。東京に住んだら行きたい場所はありますか?

沢口 『オリジン』ってお弁当屋さんがすごくおいしいって聞いたので、食べてみたいです。名古屋にはないんですよ!

――どこにでもあると思ってました(笑)。今は引越しの準備で大変なんじゃない?

沢口 通販で家具を注文して、家電も買いに行きました。大きいものばかり買って金銭感覚が狂っちゃって、空気清浄機はすごく高いやつを買ってしまいました。総額が大変なことになってます! 店員さんに勧められてウォーターサーバーまで買っちゃって、新生活って怖いなって思いました(笑)。

――初めてのひとり暮らしで、高級空気清浄機とウォーターサーバー置く人いないですよ。快適すぎます!

沢口 ベッドとテレビとドレッサー置いたら本棚が入らなくなっちゃって。自分の寝床を削ってでも置こうかなと思ってます。漫画とか本をダンボールに詰めてるんですけど、持ったら腰壊すなってくらい重くて。

――では東京に出てからの目標をお願いします。

沢口 ずっと女優さんを目指してきたので、やっと本腰を入れて活動できるっていうのはすごく感じます。ムリだなって諦めてしまうこともあったんですけど、今はやりたいことを諦めなくてもいいんだって気持ちになって。ただ、新しい活動に力を注ぎすぎてグラビアがおろそかになるのは自分的にすごく寂しいので、グラビアもちゃんと続けていきたいっていう思いがあります! 週プレさんにもまたいろんなところに連れてってもらいたいなって(笑)。

――ありがとうございます、その言葉が聞きたかったです! 次に登場するときは女優・沢口愛華のグラビアになるかもしれないってことですね。

沢口 状況が変わったとしても、週プレさんには今までと変わらず撮って欲しいって思うんです。今までのグラビアで私を好きになってもらえたってこともあるし。撮影もすごく楽しくて、誌面を見返しても「あのときがんばってよかったな」って思えるので。女優さんとしては、ドラマや映画に出たり舞台もがんばっていきたいんですけど、ひとりの人間としてたくさんのことを吸収できる人間でありたいと思っています。

――なるほど。

沢口 インタビュー大丈夫ですか? 週プレさんに前向きな話をすると、これでいいのかなって心配になっちゃう(笑)。今まで「芸能界はもうムリです」とか言ってたので、テンプレート貼ってるだけって思われないですか(笑)?

――そんなこと思わないですよ。いろいろな場で活躍して欲しいです。グラビアやりながら連ドラとか出てたら嬉し泣きしますよ!

沢口 そうなんですね(笑)。自分がいろんなところに出ていくたび、前から知ってくださっている方々が喜んでくれてるかなって思うとすごくうれしいです。年齢も年齢だったので、子どものようにかわいがってくださるじゃないですか(笑)。それが本当にありがたくて。週プレさん、これからもよろしくお願いいたします!

(ヘアメイク/今関梨華(Linx))

●沢口愛華(Aika SAWAGUCHI)
2003年2月24日生まれ 愛知県出身
○「ミスマガジン2018」グランプリ受賞。第7回カバーガール大賞で「大賞」および「10代部門」「コミック誌部門」「グラビア部門」の史上初となる4冠を獲得。2nd写真集『背伸び』(講談社)が発売中。
公式Twitter【@delaaika0224】
公式Instagram【@sawaguchi_aika_official】

関連サービス