NGT48最新シングル『Awesome』のセンターに小越春花が大抜擢! 中井りか、本間日陽らも「今は、このコしかいない」

左から安藤千伽奈、中井りか、小越春花、本間日陽、藤崎未夢
左から安藤千伽奈、中井りか、小越春花、本間日陽、藤崎未夢

新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48の6枚目のシングル『Awesome』が6月23日に発売された。

この最新シングルで初センターに大抜擢されたのが、2期生の小越春花(おごえ・はるか)だ。今回、選抜メンバーを代表して1期生の本間日陽(ほんま・ひなた)中井りか、2期生の小越春花ドラフト3期生の藤崎未夢(ふじさき・みゆ)安藤千伽奈(あんどう・ちかな)の5人が集合。シングル曲『Awesome』、そしてセンター小越について、ぶっちゃけトークが始まった!

***

――今回、約1年ぶりにリリースされたシングルは、日本最大級のダンスフェスティバル「にいがた総おどり」とのコラボレーションということですが、これは地元では有名なイベントなんですか?

本間 かなり有名です。毎年9月の3日間、劇場のある万代(ばんだい)で色々なダンスサークルさんが登場するお祭りなんです。駅前とかにブースがあって、総おどりの期間は色々な場所でダンスをやっています。劇場公演の日と被ると、その音が聞こえてきたりしますよ。

中井 めっちゃ聞こえます! 何年か前にNGT48のダンスの先生が出ていて、それを見に行きました。ホント、ジャンルを問わず、ストリートもよさこい系もやっているんです。

――今回、にいがた総おどりとコラボするって聞いた時はどう思いましたか?

中井 正直、「いいんですか?」って感じ。私たち的には新潟県を巻き込んでの祭りだと認識していたので、そことタイアップできるのは驚きとうれしさがありました。アイドルがどうコラボしていくんだろうって楽しみもあります。

本間 私も聞いた時、すごくうれしかったです。新潟県のイベントとグッと距離が縮められるんだってことにワクワクしましたね。

小越 新潟の皆さんから愛されているお祭りと一緒にやらせていただけることで、『Awesome』が新潟の皆さんに愛される楽曲になるためのチャンスになればいいなって思いました。

安藤 アイドルとお祭りの曲ってどんな曲になるんだろうって、不思議な感じで頭がいっぱいになりました。

藤崎 "にいがた総おどり"が新潟県民の人に愛されてるように、NGT48を知らない人にもたくさん愛される楽曲になればいいなって思いました。

――『Awesome』を初めて聴いた時の第一印象を教えてください。

中井 NGT48ではこれまで、アイドルらしい曲が多かったんですけど、「今回は、こうきたのか!」って感じでした。踊りに振るのか、みんなで踊れる系になるのか、ハートフルな感じになるのかって思っていたら、見事に真ん中を突いた感じで「なるほどな!」って思いました。

本間 私は日本古来の祭り寄りになるんだろうなって思っていました。

中井 ワッショイ系ね。

本間 でも、思っていたよりポップで明るくて、モダンな感じもしていいなって思いましたね。

小越 私は今まで知らなかった自分に出会えた感じでした。色々引き出してくれる曲のような感じがして。家で何度も聴いて、「私は大丈夫」って励まされました。

中井 そんな歌詞ではないんですけどね(笑)。

安藤 ホント、変なやつに思われるよ!(笑) 私は今までのNGT48では想像のつかないような曲調だったのでビックリしました。今までは爽やかな感じが多かったので、「こんな曲をNGT48がやるんだ! ビックリ!」って感じでしたね。

藤崎 お祭り感というよりもアイドルらしさがあって、MVも学校が舞台になっています。新しいNGT48を知っていただけるのかなって思いますね。

――今回、新センターに小越春花さんが抜擢されました。皆さん、聞いた時はどう思われましたか?

中井 センターがはるか村(小越)って聞いた時は、正直ビックリしましたけど、自分のキラキラしている部分を武器に進んでいけるコだって印象が前からありました。週プレのコラムにも書いたんですけど、いずれセンターになるコだと私は思っていましたから。だから何の心配もなく、私たちは踊れますね。

小越 え!?

中井 今回の曲は、はるか村がセンターで適任だなって思いましたね。

本間 コロナ禍で活動の形が大きく変わって、各々が力を付けていると実感していて。その中でも、はるか村は突出して力を蓄えてきたイメージがあったので、今回の抜擢はすごく納得できました。

――なるほど、大絶賛ですね。ところでさっきから皆さん、「はるか村」と呼んでいますが、「はるか村」というのは小越さんが村長を務めるという架空の村で......。

小越 いやいやいや、ありますから!

中井 ないです。

本間 ないです。

安藤 Googleで調べてごらん。ないから。

小越 Googleを基準に考えちゃダメなの! はるか村は人間界とは違うんですよ。

藤崎 理解してあげようと思っているんですけど、よくわかりません(笑)。

中井 ホント、真剣に聞いちゃダメですから(笑)。

本間 はるか村って、小越ファンのことを指しているみたいですよ。

小越 そうです。ということは、ここにいる全員、私推しですから「はるか村」です。

4人 ......。

――なるほど、はるか村というのはファンのことだったんですね。そろそろ話を戻しまして。安藤さんは?

安藤 小越のセンターは納得しました。「おそらく小越が来るんだろうなー」って思っていたので、納得してすぐに受け入れられました。

――どうしてですか?

安藤 小越の行動や雰囲気を見ていて、このコのセンターは近いだろうなって思っていたんです。

中井 私、昔から「アイドルはオーラを放つ期間がある」って思っているんですよ。「今は、このコしかいないな」って時期があるんです。今回は、それがはるか村だったってことですよ。

本間 私もそう思う。

中井 みんなと踊っていても、このコに目が行くって時期が必ず来るんですよ。はるか村にはそれを感じましたね。

安藤 ホント、勢いを感じました。

――実際に小越さん、センターに立ってみていかがでした?

小越 初めて前に人がいなくて。全員で踊るシーンがすごく緊張したんですけど、隣に(本間)日陽さんと(中井)りかさんがいて、「ずっと笑っていればいいからね」って言ってくださったので励まされました。今回、センターに選ばれたことで、これからもっと変わっていけたらいいなって思っています。

――小越さんは以前からずっと、センターに立ちたいって話されてきましたよね。

小越 NGT48のオーディションを受けるって決めた時から、やるんだったら上に行けるようにって思っていました。加入してからも、先輩たちの活躍を見ていて、「私も同じように盛り上げたい、引っ張っていける存在になりたい」と思っていて。

やっぱり、NGT48を知らない方の目に入るのはセンター。そういう存在になるためには、センターに立つことが大きなチャンスになるのかなって思ったんです。

――周りの皆さんはどんなサポートをしていきたいですか?

中井 私たちは後ろで見守ることしかできません。センターに立った人は自分で乗り越えるものだから、そこを見守っていけたらいいなって思うのと、他のメンバーと楽しく盛り上げてもらえたらいいなって思います。

本間 今回の曲はフォーメーション的に、私とりかちゃんではるか村を挟んでいるんです。はるか村には色々盗んでもらえれば、と思います。はるか村にとっていいシングルになれたらいいなって思います。

安藤 NGT48をたくさんの人に知ってもらって、小越が困っていることがあれば、とにかく助けてあげたいと思っています。

藤崎 私は前回のシングルでセンターを務めさせていただいたんですけど、そのときはコロナ禍でのリリースでイベントができなかったり、全員選抜でしたが、全員で披露する場がなかなかなかったんです。今回もコロナ禍でのリリースで、思うようにいかない部分でもあると思うので、そこの気持ちを私が一番わかってあげられるのはではないかなって思っています。

今まで先輩方が務めてきたセンターの中で、唯一の同期。一緒に研究生として活動してきた身なので、一番気持ちに寄り添えるんじゃないかなって思っていますね。

小越 なりたいものになれた時のうれしさとその反面、プレッシャーや不安が大きいと思っています。今後、後輩が増えてきたら、私がそういうコたちを見て、「どうしたの? 大丈夫?」って言ってあげられるような先輩になれたらいいなって思っています。

――では、最後に本間さんからひと言お願いします。

本間 今回、最年少組のフレッシュなセンターが引っ張っていくNGT48に注目してください! すごくノリノリで、みんなが明るく楽しい気分になれる楽曲ですので、ぜひ私たちと一緒に体を動かして楽しみましょう!

■NGT48 6thシングル『Awesome』
TYPE-A(CD+DVD)、TYPE-B(CD+DVD)、新潟盤(CD+DVD)、劇場盤(CD)の計4種類


本間日陽(ほんま・ひなた)
1999年11月20日生まれ 新潟県出身 nickname=ひなたん
2015年にNGT48の第1期生オーディションに合格。NGT48の3枚目
シングル『春はどこから来るのか?』でセンター。ラジオ『ひなたまつり』
(BSNラジオ、毎週土曜日6:00〜6:30)に出演中。
公式Twitter【@hinata_homma】
公式instagram【@hinata_homma1110】


中井りか(なかい・りか)
1997年8月23日生まれ 富山県出身 nickname=りかちゃん、りか姫
2015年にNGT48の第1期生オーディションに合格。2017年にデビューシングル『青春時計』でセンター。『#きとキュントラベラー with T』(チューリップテレビ)、『トピックマガジン』(テレ玉)に出演中。
公式Twitter【@rika_n24x】
公式instagram【@rika___n24x】


小越春花(おごえ・はるか
2004年6月26日生まれ 新潟県出身 nickname=こぱる、はるるん
2018年6月にNGT48の2期生として加入。6月23日に発売されたNGT48の6thシングル『Awesome』で初センターを務めている。
公式Twitter【@haruka_ogoe626】
公式instagram【@haruka_2525_ngt48】


藤崎未夢(ふじさき・みゆ)
2000年11月17日生まれ 新潟県出身 nickname=みゆみゆ、みーちゃん、みーたん
2018年1月にNGT48のドラフト3期生として加入。5thシングル『シャーベットピンク』でセンターを務める。アウトドア情報メディア「hinata」で"みゆキャンプ"を連載中。
公式Twitter【@miyu_miyu_NGT48】
公式instagram【@miyu_miyu_ngt48】


安藤千伽奈(あんどう・ちかな)
2001年1月13日生まれ 長野県出身 nickname=あんどぅー、ちぃ、ちかな
2018年1月にNGT48のドラフト3期生として加入。5thシングル『シャーベットピンク』で初の選抜メンバー。長野県北佐久郡御代田町の初の「御代田町ふるさと大使」。
公式Twitter【@ando_chikana】
公式instagram【@ando_chikana_ngt48】

関連サービス