「サマージャンボ宝くじ」イベントで兼近大樹が吉岡里帆に憧れ告白も「なんか私まで恥ずかしい。みんなに言ってるんじゃないの~?」

妻夫木聡吉岡里帆、EXIT・兼近大樹が13日に都内で行なわれた「『サマージャンボ宝くじ』『サマージャンボミニ』発売記念イベント」に登壇。兼近からの意外な告白に吉岡も「私まで恥ずかしい」と赤面した。

今年のサマージャンボ宝くじは1等・前後賞あわせて7億円が、サマージャンボミニは1等・前後賞あわせて5000万円。8月13日まで発売される。現在放送されているCMでは、妻夫木、吉岡がきょうだい役で登場。またその次女・ミオ(今田美緒)の彼氏として兼近が出演している。


「ドリームジャンボ宝くじ」のCMですでに共演している妻夫木、吉岡。今回のCMで新たに兼近が登場したが、吉岡は「兼近さんが来てくれたことで、さらにテンションが高くなったかなという印象」と前回との違いを説明。さらに吉岡は、

「(共演者との)馴染み方が早すぎてびっくりしてます。しっくりきてます。プロフェッショナルすぎて、妻夫木さんとのかけあいがちょっと面白すぎて、これまでの撮影で一番笑いました! ホントにNGも面白いんですよ」

と、べた褒めだ。登壇早々「サマージャンボということで、アヒージョよりアツい夏にしたいと思います!」と盛り上げる兼近に対して、妻夫木が「本当は謙虚。(切り替えてからの)ブーストがすごいんです」と褒めると、吉岡も続けて「さすがなんです、ホントにもう最高ですよね」と好印象を伝えた。


その後も射的ゲームで妻夫木が失敗すると「昨日の夜から仕込んでおいたテープがうまくいきました。見事に作戦成功です」とボケるなど、会場を盛り上げた兼近。しかし、イベント後の囲み会見では記者が、兼近が吉岡に憧れていることを暴露。

「憧れじゃないでしょ」と笑う吉岡に、兼近は苦笑いしながら「一応、5年くらい前からTwitterとかで吉岡里帆さんが大好きだとめっちゃ書いちゃってたので。ご本人には届いていないと思ってCM撮影中も見ないようにしたり、興味ない感じを出してたので、今それ言われると結構キツイです」と告白。

「思春期の学生みたい」に戸惑う兼近だったが、改めて吉岡との対面の感想を聞かれると「たまらないっすね! 『いるなぁ』って毎回思うんです」と率直な思いを吐露。しかし、「吉岡里帆ファンのために、なるべく目に入れないようにしてます。公平にするために!」と照れくさそうに語った。


一方、吉岡は「確かに撮影中もぜんぜん目が合わないなと思っていたんです。なので今それを聞いて、『え、ウソ~?』って感じです」といぶかしんでいる様子。さらに「『みんなに言ってるんじゃないの~?』『チャラいって、そういうチャラいなの?』って感じです」と笑いながら兼近を問い詰めていた。

そして、チャラさを出す余裕もなく「恥ずかしいです」としどろもどろな兼近に対して、吉岡も「なんか私まで恥ずかしい。学生時代にクラスメイトに『実は好きらしいよ』『そんなことないよ』みたいな感じで」と、青春の一幕を思い出していた。

関連サービス