グラビア初挑戦のニューヒロイン・村山優香「『昭和な感じ』って言われますけど、自分ではイマドキのつもりです」

昭和レトロがハマる18歳の若手女優・村山優香(むらやま・ゆうか)が、8月16日(月)発売『週刊プレイボーイ35号』で初グラビア。

人のいない砂浜、麦わら帽子、紺のデニムシャツ......。海辺の民宿で過ごした、あの夏の一日。

* * *

■初めての水着写真は週プレさんで!

――芸能活動を始めたのは小学生の頃だそうですが、こんなに美少女なのに、今まで気づかずごめんなさい!という思いです。

村山 そんな(笑)。見つけていただきありがとうございます! 最近、週プレさんのグラビアをチラッと見て、清潔感があってきれいな感じがいいなぁと気になっていたんです。連絡が来たときはびっくりして、内容も聞かず「出たいです!」って言いました(笑)。

――撮影テーマは「昭和の夏」。レトロな雰囲気がハマりますよね。

村山 なじんでいたならよかったです。普段から「昭和な感じだね」って言われることがあって、自分ではイマドキのつもりなんですけど(笑)。高校の頃、学生証の写真を撮ったときもみんなから「めっちゃ昔のアイドルみたい!」って言われてました。

――「昭和っぽい」って言われるのはイヤじゃない?

村山 うれしいです。マジメというか、チャラチャラしてないように見えるのかなって(笑)。それに、昭和といえば松田聖子さんとかおニャン子クラブさんとか、美少女のイメージもあるので。

――撮影では、『おそ松くん』のイヤミの"シェー"ポーズもノリノリでやってくれました。

村山 シェーですっけ? 実は知らなくて、皆さんのマネをしながらやってみました(笑)。

――そうだったんですね。いつも夏はどう過ごしてます?

村山 アイスマクラを首とか足元に置いて寝て、体を冷やしながら部屋にこもってます。クーラーは、なんかもったいなくてつけられないんですよ(笑)。

――それ昭和の夏の過ごし方ですよ! クーラーつけましょう。

村山 はい(笑)。あとは夏といえば、プールは絶対に行きますね。日焼けしちゃうから室内プールかナイトプールしか行けないんですけど、最近も行ってきました。ウオータースライダーが好きなので、何回も遊んで(笑)。

――いっぱい写真撮りました?

村山 ちょっとだけ撮ったんですけど、水着の写真はまだSNSに載せてないんです。初めての水着の写真は、週プレさんのグラビアにしようって決めていたので!

――ありがとうございます! 初のグラビア撮影はどうでした?

村山 雑誌の撮影も初めてだったので緊張しましたけど、めっちゃ楽しかったです! 今まで女優のお仕事しか考えてなかったんですけど、いろんな見せ方があるんだなと思って。新たな自分を知ることができました。これからもいろいろなことに挑戦していけたらと思っています。

――グラビアでやってみたいことってありますか?

村山 沖縄でゴーヤチャンプルーを食べているところを撮っていただきたい(笑)。地元が茨城県なんですけど、関東地方から出たことがほとんどないんです。ずっと田舎者ですよ(笑)。

――田舎者じゃないでしょ。上京して何年もたってますよね?

村山 そうですけど、中身は田舎者が抜けないんです。慣れてくると「それ、ちげぇべー」とか「だっぺだっぺー」とか、なまりも出ちゃいますし(笑)。

――かわいい(笑)。今年高校を卒業して、卒業旅行は?

村山 卒業旅行は友達とユニバに行こうって言ってたんですけど、この状況で行けてなくて......。いろんなところに旅行するのも夢です。南国が好きなので一番はハワイに行ってみたいですし、北海道とか広島も行きたいです。

――その夢が早く叶(かな)うといいですね。女優としての目標は?

村山 映画やドラマにたくさん出たいなって思います。憧れの女優さんは、満島ひかりさん。感情移入しちゃうようなお芝居をされる方なので、演技でこんなに人の心を動かせるんだなって。

――優香ちゃん、昭和の映画ヒロインのような雰囲気ありますよ。

村山 うれしいです。いろいろな作品でヒロインやりたいです!

(スタイリング/伊井田礼子 ヘア&メイク/田村直子[GiGGLE]) 

●村山優香(むらやま・ゆうか) 
2003年2月19日生まれ 茨城県出身 身長156cm 血液型=A型 
○2015年に映画『忘れ雪』で女優デビューし、ドラマやCM等に出演。ヒロイン役で出演する短編映画『いつでもアオハル!』は2021年中に公開予定。東京・JR原宿駅構内通路に週プレ掲載記念のポスターを掲出中。
公式Twitter【@M_YuKa0219】 
公式Instagram【@murayama_yuuka_official】 
公式TikTok【@kyoumotabelu】

関連サービス