「衛星とカラテア」の自称"できる"女担当・大槻りこ「強めの猫アレルギーだけど猫2匹飼ってます」

「ミスマガジン2020」審査員特別賞の大槻りこが、9月3日(金)発売『週刊プレイボーイ38号』のグラビアに登場。

美人すぎるルックスと天然な性格のギャップが魅力的な彼女は、水泳で全国大会、陸上で都大会に出場した運動神経の持ち主。

* * *

■小学生のときのあだ名は「小峠」

――今年7月にデビューしたアイドルグループ「衛星とカラテア」のメンバーとして活動中。グループ名はどういう意味?

大槻 カラテアは観葉植物という意味です。グループ名の由来は......あれ、なんだっけ? ちょっと見てもいいですか。

――どうぞ(笑)。

大槻 「惑星の周りを公転する衛星。地球の衛星は月だけ。飛躍、強い思い、温かい心などの花言葉を持つカラテア。植物や月のようにお客さんの毎日の小さな癒やしになれるように」......ということです。

――グループ内での立ち位置は?

大槻 できる女、ですかね。

――ウソでしょ!? グループのコンセプトも思いっ切り読んでたじゃん(笑)。

大槻 あんまり言う機会がないし、気になる人はネットで探して読んでくれたらいいかなって。

――いや、ダメでしょ(笑)。

大槻 覚えられるように熟読しておきます。

――今回の撮影はどうだった?

大槻 最初の衣装合わせで10着ぐらい水着を着られたのが楽しかったです。あと私、広いおでこがコンプレックスでこれまでメディアに出したことはなかったので、今回、初出しで緊張しました。

――そんなにおでこが広いって感じなかったけど。

大槻 いや、おでこが広すぎて小学生のときから「ハゲ、ハゲ」ってイジられてたんです。あだ名は「小峠」って呼ばれてて。

――バイきんぐだ(笑)。

大槻 でも、今回ホメてもらえたので自信になりました。

――猫アレルギーなんだって? 今回、撮影したお宅、猫を飼ってたみたいだけど大丈夫だった?

大槻 全然、大丈夫でした。というか私、猫2匹飼ってるんで。

――えっ、アレルギーなのに!?

大槻 飼った後に気づいたんです。病院で検査したら、6段階あるうちの「5強」みたいな、かなり強めな猫アレルギーだったんですけど、薬を飲んでいたらそのうち慣れてきました。

アレルギーとは知らずに、子供の頃はいつも猫のしっぽを噛(か)んだり、舐(な)めて遊んでいたんですよ。4人きょうだいなんですけど、全員でずっとしっぽの取り合いしてました(笑)。

――そのとき、猫はどうしてるの?

大槻 されるがまま、じっとしてました(笑)。今、思うと偉いですよね。

――そんなりこちゃん、かなりのスポーツ少女だったんだって?

大槻 小学校のときに水泳で全国大会に行ったんですけど、その後、野球を始めて、中学では陸上の長距離で都大会に出たりしました。

――めちゃくちゃすごい!

大槻 いや、どれも中途半端な結果で終わってしまったので、自分としては「なんて中途半端な人生なんだ」って......。

――今の特技は?

大槻 寝ることと食べることです。さすがに今は控えているんですけど、多いときは一日7食ぐらい食べてました。外でパスタとハンバーグを食べて、帰ってきて家で丼ものとラーメン食べて、さらに夜食でもう一回ラーメン食べるみたいな。おなかが減っていないときがないみたい(笑)。

――お相撲さんじゃん! さらによく寝るんでしょ(笑)。

大槻 一日12時間は絶対寝ます。今日もお昼に起きてご飯食べて、その後、2時間ぐらい寝ちゃって。本当に食べてるか、寝てるかみたいな。

――最近、一番うれしかったことは?

大槻 ちょっとしんどいことがあったんですけど、それを知っているファンの方が「つらいなか、りこちゃんが頑張って笑顔で元気にパフォーマンスしてるところを見て感動した」ってライブを見て泣いてくれた方が複数いて。そこまで大切に思ってくれる方がいて、本当に幸せだなって思いました。

――きれいにまとめたね。

大槻 できる女ですから(笑)。

(スタイリング/和田千星 ヘア&メイク/今関梨華[Linx]) 

●大槻りこ 
2001年12月4日生まれ 東京都出身 
身長165cm B81 H60 H87 
○「ミスマガジン2020」審査員特別賞を受賞。アイドルグループ「衛星とカラテア」のメンバーとしても活動中。
公式Twitter【@riko_karatea】 
公式Instagram【@riko_ohtsuki】

関連サービス