『牙狼〈GARO〉』のヒロイン・南里美希がグラビア初挑戦!「沖縄では『東京の人は怖い人ばっかり』と言われてました(笑)」

9月3日(金)発売『週刊プレイボーイ38号』のグラビアに登場した、モデル、女優として活躍する南里美希(なんり・みき)が、グラビアの世界でその表現力をいかんなく発揮。

アイドルたちとは違ったまぶしさで放った光が、彼女の新しい地平を優しく照らす。

* * *

■順風満帆の人生、と思いきや!?

――ご出身は?

南里 沖縄県です。高校1年生のときに、5歳上の姉が『S Cawaii!』っていうファッション誌の専属モデルになって上京したんです。それで私も東京に行きたい!って意識になって、高校を卒業してからアルバイトで上京資金をためて、20歳になる直前に上京しました。

――モデルになるために?

南里 はい。中学生の頃からずっとファッション誌が大好きで、おしゃれできれいになるってことにずっと憧れがありました。

――沖縄でモデルになろうとは考えなかった?

南里 高校生のときに沖縄でスカウトされたこともあったんですけど、その頃すでに私は「東京に行くので」って感じだったので(笑)。意識は完全に東京で。

――東京への憧れが強いんですね。

南里 テレビで見る世界って、東京がメインじゃないですか。こんなところで生活して、バリバリ仕事したいってずっと思ってたんです。もっと違う世界を知りたいっていう気持ちが強かったみたいで。

――お姉さんは協力してくれた?

南里 姉も「上京してきな」って言ってくれて。最初は姉と同じ事務所に入るつもりで上京したんですけど、うまくいかなくて。それで渋谷を歩いていたらたまたまスカウトされて、その事務所の寮でひとり暮らしを始めました。

――順調にいきましたか?

南里 いろんな雑誌の顔合わせに行って、『Ray』のモデルがすぐに決まったんです。モデルの経験も下積みもないまま、いきなり専属にしていただいて。

――順風満帆ですね。

南里 でも、周りは当然プロのモデルさんばかり。正直、最初の2年は家に帰って毎日泣くくらいつらくて。ポーズもできない、表情も作れない、自信がないからさらに悪循環で。

下積みってものすごく重要なんだなってそのときにわかりました。最初は「上京してすぐ雑誌なんて決まるんだ、イエーイ!」 みたいな感じだったんですけど、でも実際はそんなことなくて。

――うまくいかないんですね。

南里 2年くらいたってモデルにも慣れてきたなって頃に、役者のオーディションの話があって。お芝居なんかしたこともないのに、なぜかまたひらめいて「挑戦してみよう!」みたいな感じで。初めてのオーディションで、そのまま受かってしまって。深夜の特撮ドラマ『牙狼〈GARO〉』のヒロインに決まりました。

――またうまくいった!

南里 でも、モデルを始めたときと同じ苦しさがまた続いた感じです。演技経験がないので、監督と相手役の役者さんが本番前に練習をしてくれて。だけど、何十回やってもうまくできなくて。最終的には「すみません」って言ってトイレに駆け込んで泣いたりとか。

――まさに同じことが繰り返されてますね。

南里 モデルも役者も下積みもなくやらせてもらえることになってしまったので、すべて現場で学ばせてもらいました。下積みって本当に大切ですよね(しみじみ)。

――沖縄に帰りたいとは?

南里 それはなかったですけど、まだ若かったので、弱音を人に吐き出せないタイプだったんです。友達にも仕事のつらさとか悩みとかは言えなかったですね。東京に来て身構えてたんでしょうね、「東京の人は怖い人ばっかり」って言われてたし(笑)。

――今回のグラビアの感想は?

南里 グラビアって、私みたいなタイプよりも、グラマラスで色っぽい人がやるものだと思っていたので、まず抵抗があったんです。

でも、まるで映画のような世界観で撮っていただけて「グラビアってアートなんだ」って、感覚が変わって。先入観を持っていて申し訳ございませんでした(笑)。私の価値観を変えるような撮影でした。ぜひ皆さんにも私の新しい一面を見てもらいたいです!

(スタイリング/伊井田礼子 ヘア&メイク/田中徹哉) 

●南里美希(なんり・みき) 
1988年9月20日生まれ 沖縄県出身 
身長164cm B82 W56 H86 血液型=A型 
〇2022年1月21日(金)より沖縄から先行公開予定の映画『ミラクルシティコザ』に出演。
公式Twitter【@nanri_miki】 
公式Instagram【@mikinanri_official】

関連サービス