川口春奈が『じゃがいもチップス』CMに出演「『わあっ!』と思わず声が出るくらいテンションがあがりました!」


川口春奈
が8月31日、都内で行なわれた「カルビー 新商品『じゃがいもチップス』新CM発表会」に登場。北海道でのCM撮影やポテトチップスの思い出を語った。

『じゃがいもチップス』は、皮を残すことでじゃがいもの風味を楽しめるポテトチップス。通常のポテトチップスの約1.5倍の時間をかけて揚げるなど、じゃがいもの味わいが引き立つよう工夫を凝らしている。

川口は今回、『じゃがいもチップス』と『ポテトチップス うすしお味』のイメージキャラクターに就任。それぞれのCMに出演することになったが、どちらも北海道にある生産農場で撮影している。トラクターに乗って走ったり、畑でポテトチップスを揚げたりと、大自然の恵みを堪能し、楽しんでいる。


ポテトチップスは川口にとって、「今でこそ大人になったので、自分で大人買いとかもできますけど、子供の頃は『ご褒美』」。『ポテトチップス うすしお味』の新TVCMは6年ぶりの刷新ということに、「出演させてもらえて、いちファンとしてうれしい」と語った。

「リラックスできて、気持ち良い環境。とにかく空気が澄んでいて、ずっといたいと思えました」と北海道の思い出を語った川口は、撮影で実際にじゃがいもを収穫。「すごく新鮮でCMにも映っている通り、『わあっ!』と思わず声が出てしまうくらいテンションがあがりました!」と笑顔を見せた。


そして現地の生産者らと一緒に撮影したこともあり、「たくさんの方の愛とこだわりを感じて、とってもほっこりしました。田舎に帰りたくなるような内容になっています」と振り返った。

そんな思い出に残るようなCMだが、さらにうれしいことが。同CMにはaikoが書き下ろした新曲が使用されているだけでなく、本人も出演。

aikoが「大好き」な川口は「本当にいちファンとしてうれしかった。北海道の広大な自然に合うほっこりする曲を作っていただいて、何度でも聞きたくなるような曲ですよね」と思わぬ共演に歓喜した。


イベントでは、CMで共演した生産者らが現地からリモート出演も。じゃがいもがプレゼントされると、川口は「土がついているホヤホヤの状態。うれしいですね」と言いながら、匂いをかぎ、北海道の自然を感じていた。

新商品「じゃがいもチップス」は、皮付きのまま揚げたポテトチップスで、8月31日から同社の公式オンラインショップで数量限定で販売され、9月20日に全国で発売される。

川口の出演するCMは9月20日からオンエア。新商品『じゃがいもチップス』は公式オンラインショップ「カルビーマルシェ」で数量限定の先行販売中。9月20日から全国販売される。

関連サービス