大原優乃のデジタル写真集には「成長記録」を見る悦びが溢れている!『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』第20回【週プレ プラス!】

大原優乃デジタル写真集『晴れやか南国少女』(撮影/熊谷貫)より
大原優乃デジタル写真集『晴れやか南国少女』(撮影/熊谷貫)より

『週刊プレイボーイ』が運営するグラビアコンテンツサービス『週プレ グラジャパ!』のサブスクリプションメニュー『週プレ プラス!』。その中の「+コラム」で、『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』を配信中!

グラビアライター・とりと『グラジャパ!』スタッフ・金髪りさによるグラビア好き女子ふたりが、気になるグラビア美女やデジタル写真集を"女子目線"で語る連載だ。

第20回は、現在、女優としても活躍する大原優乃について。「素朴なグラビアから、魅せるグラビアへ! 大原優乃のデジタル写真集には「成長記録」を見る悦びが溢れている!」。コラムの一部を抜粋して紹介!

* * *

とり 最近、改めて大原優乃さんのグラビアを見返すのにハマっています。というのも、グラビアアイドルの女のコたちが「好きなグラビアアイドル」として大原さんの名前をあげているのをよくお見かけするんですよね。それで見返していると、やっぱり「かわいいなぁ」と思って。

金髪 確かに「参考にしてます」とか「憧れています」って声、よく聞きますよね。それに、業界内で「大原さんのグラビアが好きだ」って公言している方も多い気がする。『週プレ グラジャパ!』で公開されている『俺のグラビア愛!』という企画でも、杉作J太郎さんや、グラビアアイドルとして先輩にあたる磯山さやかさんが名前をあげていましたし。

とり それって、かなり凄いことですよね。ルックスだけじゃなく声も可愛いし、存在そのものを思わず愛したくなる感じがあるというか。男性人気はもちろん、女性人気もすこぶる高いグラドルのひとりだと思うんですよね。

金髪 私、大原さんが在籍していたダンス&ボーカルユニット・Dream5の追っかけをしていたことがあって。2009年にグループ最年少の10歳でCDデビューして、小柄だったこともあり、ずっと妹的なポジションだったんですよね。

当時も人懐っこくて、どこか放っておけない女のコだったから、その愛したくなる感じっていうのは、Dream5時代からずっと変わっていない気がします。

とり Dream5が世間から注目されるようになったのは、2014年のテレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマがきっかけでしたが、金髪さんは、それよりずっと前から応援されていたんですか?

金髪 そうです。もう、ずーっと見ていました。だから"大原さん"とか"優乃ちゃん"っていうより、"ゆうの"なんですよね(笑)。どうしても子どもだったときのイメージが強いから。

とり それが今や、グラビアを経て女優として活躍されています。感慨深いですよねぇ。私が大原さんのグラビアを見て素敵だなぁと思うのは、"穏やかさと心の強さ"が感じられるところ。

Dream5解散後の2017年にグラビアデビューしてひっきりなしにグラビアに登場して、1年経たないうちに1st写真集まで発売されましたけど、順調に見えて、その目まぐるしさに気持ちをついて行かせるのは大変だったと思うんです。

それでも、ずっといいコンディションを保って、結果を出し続けることができたのは、Dream5で活動した7年間にいろんな苦楽を経験したからこそなんじゃないかなって。

金髪 それはあると思いますよ。Dream5時代は、毎週どこかしらのイオンで5~6時間の長時間のイベントをやっていましたから。しかもなかなかお客さんが集まらないときには自分たちで「イベントやってますよ~」って集客までして。

とり そんな時期があったなんて......。

金髪 『妖怪ウォッチ』で人気を集めたといっても、イベントでジバニャンが登場すると、子どもたちはみんなそっちに行っちゃいますからね。でも、Dream5解散が決まって、これからどうなるんだろう?って思っていたら、まさかのグラビアデビュー。しかも、いきなり人気が出ていたのには驚きましたね。

大原優乃デジタル写真集『実は私、◯◯だったんです』(撮影/藤本和典)より
大原優乃デジタル写真集『実は私、◯◯だったんです』(撮影/藤本和典)より

とり 解散からグラビアデビューまでの間、仕事が全くなかった時期もあったと聞いたことがあります。そんななか、グラビアに挑戦するっていうのは大きな決断ですよね。当時まだ17歳。幼い頃から芸能界の過酷さを人一倍経験してきただろうし、グラビアをやってどういう方向に転ぶかも全く分からなかったと思います。

なのに、そんな迷いを一切感じさせない明るさは、まさにDream5時代に培われた"穏やかさと心の強さ"の表れですよね。これは、大原さんのデビューグラビアをまとめたデジタル写真集『実は私、○○だったんです』のカットですけど、過去にそんな苦労話があるとは思えないほど、明るい笑顔を見せてくれています。

金髪 そうですね。Dream5時代、お客さんが集まらない状況でも明るく振る舞っていた姿は覚えているし、頑張り屋さんな性格はずっと変わっていない。だから、Dream5のファンからも愛され続けているんだろうね。

それに、グラビアで人気が出て、女優としても活躍している現状は、これから頑張ろうとしているグラビアアイドルのコたちにとって理想的な道筋でもあるんじゃないかな。それも、よく憧れとして名前があがる理由だと思うな。

とり なるほどなぁ。こうして振り返ると、大原さんは、グラビアで未来を大きく変えた希望的存在でもあるわけですね。何にせよ、子どもの頃から頑張ってきたことが報われてよかった!

『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』第20回「素朴なグラビアから、魅せるグラビアへ! 大原優乃のデジタル写真集には「成長記録」を見る悦びが溢れている!」より抜粋(記事の全文は『週プレ プラス!』にて、会員限定でお読みいただけます)

★9月27日(月)発売の『週刊プレイボーイ41号』の表紙&巻頭グラビア&DVDに大原優乃が登場!

★『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』
【週プレ プラス!】+コラムにて毎週土曜配信(会員限定)
【https://www.grajapa.shueisha.co.jp/plus】
*『週プレ プラス!』(30日間、税込1500円/初回&クレジットカード決済限定 30日間無料)は『グラジャパ!』で加入できるグラビアに特化したサブスクリプションメニューです。

関連サービス