身分証代わりに一級小型船舶免許を取得した中尾百希「いや私、絶対に元ヤンじゃないですから」

ファッション誌『PECHE』のレギュラーモデルを務める中尾百希(なかお・ゆき)が、9月27日(月)発売『週刊プレイボーイ41号』で初グラビアに挑戦。なぜか男たちが放っておかない、魔性すぎる女。

* * *

■撮影時の前張りが衝撃的でした

――初めてのグラビア撮影はどうだった?

中尾 股に張るテープ、前張りっていうんでしたっけ? あれを全裸の状態で女性のスタイリストさんにポーンって張られたのが衝撃的でした。こういうの、ガチでつけるんだ!って(笑)。

――それも初めてだもんね。

中尾 「はい、お尻出して」って言われて恥ずかしがってたら、スタイリストさんが「大丈夫、大丈夫。見慣れてるから」って(笑)。それが超面白くて一気に緊張がほぐれました。

――最近、一級小型船舶免許を取ったんだって!?

中尾 はい。私、なんの免許も持っていないんで、身分証代わりにと思って取ったんです。

――なんで車じゃないの!?

中尾 陸は事故が怖いじゃないですか。船はめったに乗らないから大丈夫かなと思って。しかも1泊2日の合宿2回で取れるんです。

――合宿は楽しかった?

中尾 いや、超怖かったんです。女は私ひとりだし、教官からも「そんなに長いネイルにサンダルで来て本当にやる気あるの?」とか意地悪を散々言われて。悔しいから「絶対勝つ!」って気合い入れたら、一発で1番に合格しました。

――それはすごい!

中尾 性格が野性的というか、自分がやりたいと思ったことは絶対に全部やります。普段はめったに怒らないんですけど、私、怒ったら超怖いですよ。ゴリゴリの博多弁が出ますし(笑)。

――どんな感じになるの?

中尾 「表出ろや、貴様!」みたいな(笑)。博多では「おまえ」よりも「貴様」のほうがメジャーで、ちなみに読み方は「きさん」です。

――絶対、元ヤンだよね?

中尾 違います。中学から大学まで10年間女子校育ちですし。

――でもケンカとかしてたでしょ?

中尾 まぁ......ありましたね。中学時代は取っ組み合いのケンカをして茶道部を退部になりました。確か少林寺拳法やってたコがケンカ売ってきたから、床にバーンって叩きつけたりして。

――茶道部......だよね(笑)。

中尾 みんな頭悪かったんですよ(笑)。当時は近くの中学のアタマみたいなやつが「ここのアタマ誰や?」とかってよく乗り込んできて。で、私がみんなに差し出されちゃって。

――それ完全に百希ちゃんもアタマだったってことだよね?

中尾 いやいや、全然ですよ。家の前で待ち伏せされて「タイマン張れや!」とかもあったんですけど、「私、痛いのとか本当に無理!」って思ってたら20人くらい男のコがやって来て「おまえ、百希ちゃんに何やってんだよ!」って守ってくれたりとか。

――要はマンガ『クローズ』みたいな学生生活だったと(笑)。ところで特技が「雑巾がけ」というのはどういうこと?

中尾 小学生のときに雑巾がけのタイムを競うのがはやってて、私、断トツの1位だったんです。選抜メンバーの中でも1位で。

――そんな選抜があるんだ(笑)。脚力がスゴイってこと?

中尾 足はめっちゃ速くてずっとリレーの選手でした。いつもアンカーだったんですけど、バトンを渡すのが苦手だったからっていう説もあります。

――やっぱり気合いが違うんだろうね(笑)。お酒も強そうだね。

中尾 好きです。お酒好きすぎて「キャバ嬢か何か?」ってよく聞かれます(笑)。

――お酒の失敗談はある?

中尾 昔、住んでいた所の近くの神社に親子の銅像があったんですけど、酔っぱらいすぎてその親子の間でずっと寝ていたことがあります(笑)。朝、工事のおじちゃんに「女のコがこんな所で寝たらダメだよ」って救出されました。

――最後に読者にメッセージを。

中尾 未熟者ですが、皆さんに見ていただけたらうれしいです。

――最後だけフツー(笑)。

(スタイリング/佐賀愛衣 ヘア&メイク/齋藤将志) 

●中尾百希(なかお・ゆき) 
1995年8月30日生まれ 福岡県出身 
身長165cm B85 W58 H89 
特技=お酒の早飲み 資格=一級小型船舶免許 
○ファッション誌『PECHEペシェ』(LARME)のレギュラーモデル。
公式Instagram【@yuuuukichi_】 
公式ホームページ【https://honest.family/】

関連サービス