『スミ撮。』第5回 沖縄の海とスミ②

『週刊プレイボーイ』本誌でもおなじみの人気アナウンサー鷲見玲奈さんが、この夏発売する自身のファースト写真集や趣味のカメラについてなど、「写真」にまつわる話をゆる~く語る本連載。先週に引き続き写真集で訪れた沖縄でのエピソードと、制作過程についてのお話を語っていただきました。


――これ以上ないくらい沖縄の海を堪能できた撮影だった、というお話でしたが、最終日のラストカットでもまた海に入っていただきました。

 

鷲見 ウェットスーツを着て、シュノーケリングをやりました。場所はミッションビーチという、グラビアの撮影ではおなじみのビーチだったそうですけど、ここも透明度が高くてきれいでした。浅瀬を潜っただけなので魚は見つけられなかったけど、サンゴはたくさん見られました。


――ウェットスーツ、着るのに苦戦されてましたね?


鷲見 そう! 着るのも脱ぐのも、大人数人がかりで手伝ってもらって。


――おそらく、身体のラインが美しく見えるように、割とギリギリのサイズを選んだんだと思うんですよね。だから……。


鷲見 首が苦しくて息止まるかと思いました(笑)。ホントに、ぐいぐい締め付けられて動脈が圧迫されていました。

ここから先はプラス!限定公開です。

関連サービス