『スミ撮。』第6回 カバーカットセレクト秘話

『週刊プレイボーイ』本誌でもおなじみの人気アナウンサー鷲見玲奈さんが、この夏発売する自身のファースト写真集や趣味のカメラについてなど、「写真」にまつわる話をゆる~く語る本連載。先週に引き続き、写真集制作過程のこぼれ話をいろいろと披露していただきます。


――写真チェックの段階で約5000枚に目を通していただいて、その「鷲見チェック」を経てデザイナー氏から構成が上がってきました。そこからまたやりとりが何回かあったわけですが……。


鷲見 いろいろ、意見を伝えました。たぶん、相当面倒くさかったと思います(笑)。ただ、やっぱり「最初で最後の写真集」と銘打つからには自分も制作段階から参加して、納得いくものを作りたかったので、そのことはあらかじめ了承していただいていたということもあって、いろいろ希望を言わせていただきました。


――納得いくものになりましたか?


鷲見 なりました! 自分の好きな写真ばっかりです。


――鷲見さんのご意向をうかがいつつも、「デザイン的にはこういう意図があって」という箇所については改めてご説明して、ご納得いただいた部分も多かったように記憶しております。

ここから先はプラス!限定公開です。

関連サービス