元NGT48の"かとみな"こと加藤美南が2年ぶりにグラビアで登場!「これから男性用美容グッズをプロデュースしていきたい」

アイドルグループ・NGT48元メンバーの加藤美南(かとう・みなみ)が、6月14日発売の『週刊プレイボーイ26号』で久しぶりにグラビアに登場。今年1月にグループを卒業してからどんな変化があったのか? そして、これからの夢について語ってくれた。

*****

――グラビア撮影は久しぶりだったんですね。

加藤 はい。2年以上ぶりでした。

――2年前と比べてオトナになったというか、スリムになったというか、すごくキレイなスタイルでした。

加藤 ありがとうございます。とはいっても、この撮影のためにダイエットをしたわけではないんです。以前、体重を気にしすぎて体調を崩してしまったことがあるので......。10代の頃と違って、スタイルがさほど変わらなくなったことが大きいんじゃないかな?

――グループを卒業して4ヵ月。どんな毎日を送っていますか?

加藤 ワクワクと不安、そしてストレスフリーな毎日です。

――何に「ワクワク」しているんですか?

加藤 「これから自分はどうなっていくのだろう?」というワクワクです。まだやりたいことに足を踏み入れられてはいないけど、夢がいっぱいに広がっているので。

――では、「不安」は?

加藤 今まではメンバーや家族に支えられて活動ができていたけど、今は自分の意志で動いています。周りから刺激を受けることがなくなったということは、怠けようと思えばいくらでも怠けられるということ。そこが不安です。

――「ストレスフリー」は?

加藤 誰かと競うことがなくなりました。以前は周りのことをすごく気にしていて、一喜一憂していましたから。あと、ネットの反応を気にしなくなりましたね。いい意見は取り入れますけど、エゴサーチ自体しなくなりましたね。以前は、「太った」とか「ブス」とか書いてあると、そのたびに「あぁ......」って落ち込んで、引きこもるみたいな。

――今、目指しているものは何ですか?

加藤 美容関係のプロデュースです。以前からコスメが好きではあったけど、男性のファンの方に「何を使ったらいい?」と聞かれても答えられなかったんです。私を応援してくださっている方と何か共通点を作りたいと思っていて、だったら男性用の美容グッズをプロデュースしていきたいなと思ったんです。

――一般的に、男性はスキンケアに関してまだ意識が高くはないですよね。

加藤 私の父は、ほうれい線が気になるからと言って、ヒアルロン酸のシールを貼って、枕元に美顔器を置いて寝るんです。高校生の弟はスキンケアのグッズを揃えていました。私のファンの方で、「シミが気になる」と相談してくる人もかなりいらっしゃいます。そういった現実を見ていて、男性用のグッズを作りたいと思ったんです。

――男性のスキンケアに対するニーズは、今後高まって行くんじゃないか、と。

加藤 そうなんです。女性用はたくさんあるけど、男性用はまだレパートリーが少ない。なので今は、どんな商品が市場に出回っているのかを研究しているところです。いずれ私がオリジナルの商品を作って、長く愛されるものになればいいなと考えています。自分が表に出るというよりは、裏方に回るイメージです。

――話は変わりますが、NGT48を卒業した後は何をしていたんですか?

加藤 上京してひとり暮らしを始めました。

――初めての東京でのひとり暮らしはいかがですか?

加藤 まだ自炊もしていないんですよ。だからキッチンも使ってないし、「サトウのごはん」のストックがあるので炊飯器も買ってない(笑)。料理ができるようになりたいとは思っているんですけど......。ただ、上京したての時って、ごはん屋さんを調べるのが楽しくないですか? そういう時期なんです(笑)。

――部屋の掃除はちゃんとしていますか?

加藤 実家にいる時は、まるで泥棒に入られたみたいに汚かったんですけど、今はほぼ毎日掃除機をかけています。まあ、洗濯した洋服は畳まずに、床に置いちゃうんですけど。

――せっかく掃除しているのに置きっぱなしなんですね(笑)。でも、初めてのひとり暮らしって大変なことも多いんじゃないですか?

加藤 やるもやらないも自分次第だなって痛感します。意志をしっかり持っていないと、いくらでもダラダラできちゃうし。夜中にお菓子を食べちゃったり、お風呂に入らずに寝てしまったり......。自分に厳しくしないといけないと思ったので、掃除だけは毎日しようと思い立ったんです。夜、帰宅してから、トイレ掃除、お風呂掃除、カーペットにコロコロをかけたりして、休みの日は2時間くらい集中してやります。

――すばらしいです。ところで、アイドルを卒業したことですし、恋愛の方はいかがなのかな、と。

加藤 いい人がいれば、という感じです。

――好きなタイプは?

加藤 見た目は全然気にしません、清潔感があれば。あと、温厚な人で、尊敬できればできる人ほど素敵だなって思います。

――どういう人を尊敬するんですか?

加藤 自分にできないことができる人です。料理とか(笑)。そういう意味では、自分に似ていない人が好きかも。年上の方のお話を聞くと、「なるほど!」と思うことが多いので、いつも新しい発見をしたいと思っているんでしょうね。

――アイドルを卒業して約4ヶ月ですけど、アイドル時代を思い出すことはありますか?

加藤 それがないんです! 誰かに言われて振り返ることはあっても、自分から思い出すことも検索することもありません。これからのことに精いっぱいなんです。アイドル時代が人生で一番輝いていた......ということにはしたくないので。自分の子どもに「お母さんはね、昔、アイドルだったんだよ」って言いたくないんです。「今、お母さんはこんな仕事をしているんだよ」って言える母親になりたいです。

――常に自分を更新していきたい、と。

加藤 そうですね。アイドルを人生のピークにしたくない、そのために頑張らないといけないと思います。

――そもそも、なぜ卒業を決めたのですか?

加藤 コロナの影響で活動ができなくなった時期に、将来について考えるようになったんです。男性用のスキンケアについていろいろ調べているうちに、「よし、卒業して、これをやろう」と決めました。「年末に卒業発表をして、1月に誕生日を迎えてから卒業しよう」というプランを立てて、実行することができました。

――今後、故郷の新潟とはどんな距離感でいたいですか?

加藤 東京で頑張るのはもちろんですが、新潟でも活動はしていきたいです。地元が大好きなので。「新潟で活躍している若者」と見ていただけるようになればうれしいです。上京してから、「やっぱり地元っていいな」と実感します。新潟市内を歩いているだけで目に入ってくる景色も素敵ですし、何を食べても美味しいですし(笑)。

――新潟だけではなく、中国とタイでも仕事をしていきたいそうですね。

加藤 はい。そのために今、中国語とタイ語を勉強しています。どちらの国の方も日本の商品に興味があるんですよね。日本と中国、日本とタイの若者の架け橋になりたいです。もしそれができたら、夢はさらに広がります。だから私、やるべきことがたくさんあるんです(笑)。

(スタイリング/筒井葉子 ヘア&メイク/鈴木海希子)

■加藤美南(かとう・みなみ)
1999年1月15日生まれ 新潟県出身 身長152cm 血液型=O型
○アイドルグループNGT48の元メンバー。今年の1月31日をもって、NGT48の活動を終了。2月4日に行なわれた、「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」で新人モデル賞を受賞した。現在、日本だけでなく、中国、タイでも活動中。
公式Twitter【@minamikato0115】
公式Instagram【@minamikato_0115】
公式YouTube【minamikato /加藤美南】
その他の詳しい情報はオフィシャルサイトまで【https://minamikato.net/】

関連サービス