【週プレ プラス!】『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』第11回 RaMu

デジタル写真集『無人島サバイバル』(撮影/藤木裕之)より
デジタル写真集『無人島サバイバル』(撮影/藤木裕之)より

『週刊プレイボーイ』が運営するグラビアコンテンツサービス『週プレ グラジャパ!』で新しく始まったサブスクリプションメニュー『週プレ プラス!』。その中のコンテンツ「+コラム」で、『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』を配信中!

グラビアライター・とりと『グラジャパ!』スタッフ・金髪りさによるグラビア好き女子ふたりが、気になるグラビア美女やデジタル写真集を"女子目線"で語る連載だ。

第11回は、グラビアアイドル、YouTuberの二刀流で活動するRaMuについて。「"グラドルYouTuber"RaMuの時代をサバイブする発信力」より、コラムの一部を抜粋して紹介!

* * *

とり グラドルYouTuberとして活躍しているRaMuさん! 最近はいろんなグラビアアイドルの女のコがYouTubeで動画投稿を始めていますが、やっぱりRaMuさんはその先駆けという印象がありますよね。

金髪 そもそもRaMuさんは、まだ高校生だった2015年頃から、当時流行っていた動画共有サービス・Vineに動画を投稿していましたからね。そのとき既に、10万人もフォロワーがいたらしいですよ。

とり Vineかぁ。6秒の短い動画のなか、スピーディーにオチに繋がる感じが面白かったなぁ。金髪さんは、Vineとか見ていました?

金髪 見ていましたよ。懐かしいですねぇ。

とり インターネット時代の今や、YouTuberやTikTokerなど、ネットから有名になる人がたくさん増えましたが、Vineが流行っていた5~6年前は、ネットで有名になる人もほんの一握りだったような記憶があります。それこそRaMuさんのように、ネットで活動している人がグラビアに出る流れもあまりなかったんじゃないでしょうか。

金髪 そうですよね。これは2016年、RaMuさんが週プレに初登場されたときのグラビアを収録したデジタル写真集『18歳ズキドキ』からのカットですが、わりと"普通のグラビア"ですしね。

とり "普通のグラビア"というと?

金髪 RaMuさんはネットから火がついた人なのに「Vineでバズった」とか「YouTubeで動画投稿している人」とか、そういう肩書きが全く見えないグラビアじゃないですか。いわゆる、誰がやってもハマりやすい王道なグラビアというか。

それに、当時の週プレを遡ると、和地つかささん、天木じゅんさんとともに「"爆乳ちびっ子"グラドル」として特集されている記事があります。グラビア人気が高い"低身長ロリ巨乳"のくくりで語られているのは、まだYouTuberという肩書きへの注目度が低かったからじゃないかな。

デジタル写真集『18歳ズキドキ』(撮影/小塚毅之)より
デジタル写真集『18歳ズキドキ』(撮影/小塚毅之)より

とり 確かに直近のグラビアを見ていると、例えばあざといTikTokがバズったコだったら、TikTokでのキャラクターをそのまま活かして、あざとさ全開のグラビアになっていることが多いですし、肩書きに「SNSで何万人フォロワー」とか「動画が何万回再生」と書かれているのをよく見かけますね。

金髪 そうそう。そういう意味では、最新作のデジタル写真集『無人島サバイバル』は、YouTuberっぽいグラビアになっていますよね。RaMuさんのYouTubeチャンネルとの連動企画として、撮影のメイキングだけでなく、実際にキャンプに挑戦する動画を撮影されていたのもグラドルYouTuberらしいし、そもそも「無人島に行ってキャンプしてみた」ってコンセプトがYouTubeの企画っぽい。

先日、週プレの公式YouTubeチャンネルで公開されている「本人が語ってみた」シリーズでRaMuさんにインタビューさせていただいたとき「Vineでバズる前の中学生時代から、ずっと動画にこだわってやってきた」と話されていたんです。それを思うと、時代の変化もありますが、RaMuさんが貫いてきたこだわりが報われたような気がして、嬉しい気持ちになりましたね。

とり 自分が輝ける場所として動画制作を続けたこと、それが肩書きとして力を持つようになったこと。時間はかかっても、何事も継続することに意味があると考えさせられるお話ですね。

金髪 例えば、新人のグラビアアイドルのコたちも、最初は王道を求められることが多いですよね。本当はもっと奇抜に、自分の個性を活かした表現がしたいと思っていても、需要を考えると清楚でかわいらしい雰囲気を求められがちになってしまう。それはそのコのためでもあるから、難しいところではあるんですけどね。

でもRaMuさんの場合は、動画投稿という自分のスタイルを貫きながら、グラビアアイドルとしてもコンスタントに活動を続けてこられました。その結果、自分らしさを表現したグラビアに繋がったわけですよね。

とり 続けることで自分のやりたい表現に近づけるというのは、グラビアに限った話ではないですし、見習いたいですね。どの仕事でも、ある程度経験を積んで実力がつけば、やりたいようにやらせてもらえる機会が増えていくはずだから。

金髪 まぁそうなる頃には、女優やタレントに転身して、グラビアから卒業しているパターンが多いのかな? ただグラビアの世界で考えると、RaMuさんがその成功例を打ち出してくれたと言っても過言ではない気がします。これが、今グラビアでやりたい表現ができていないと感じているコたちにとっての希望になるといいなぁ。

『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』第11回「"グラドルYouTuber"RaMuの時代をサバイブする発信力」」より抜粋(記事の全文は『週プレ プラス!』にて、会員限定でお読みいただけます)

★『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』
【週プレ プラス!】+コラムにて毎週土曜配信(会員限定)
【https://www.grajapa.shueisha.co.jp/plus】
*『週プレ プラス!』(30日間、税込1500円/初回&クレジットカード決済限定 30日間無料)は『グラジャパ!』で加入できるグラビアに特化したサブスクリプションメニューです。

関連サービス