「春のTGIF週プレ賞」グランプリの"職業、あざとい系アイドル"坂東 遥「アイドルやグラビアをやっている以上、まず男性にウケなきゃと思ってます」

今春に行なわれた「週プレ×TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL」のグランプリは妄想好きな、ちょっと"あざとい"お姉さん! 坂東 遥(ばんどう・はるか)が7月5日(月)発売『週刊プレイボーイ29号』のグラビアに登場! スレンダーかつグラマラスなボディは国宝級!

* * *

■ドキドキしながら来ちゃった、みたいな

――まずは「春のTGIF週プレ賞」でのグランプリ受賞、おめでとうございます!

坂東 ありがとうございます。トロフィーをいただいたときはびっくりして泣いちゃったんですけど、今までで唯一、自分やファンの方々の力で獲(と)れた賞だったので、すごくうれしかったです!

――今回、「週プレ公式Twitterでのいいね数&リツイート」も審査項目の一部でしたが、坂東さんが断トツで最多でした。

坂東 ファンの方々が全力で拡散してくれてたので、私も必死でした。自分のおじいちゃんやおばあちゃんにも「協力してね」って。

――まさかの祖父母世代に!

坂東 さすがにSNSはよくわからないみたいで諦めたんですけど(笑)、グランプリを伝えたらすごく喜んでくれました。孝行できてよかったです!

――撮影はどうでしたか?

坂東 すごく楽しかったです。私、自分のおっぱいを形とサイズから「メロンパンおっぱい」って呼んでるんですけど、それに沿ったメロンっぽい水着も用意してくださって(笑)。グラビアがもっと大好きになりました。

――坂東さんの趣味は「妄想」だそうですが、今回のグラビアの世界観を妄想するとしたら、どんなシチュエーションですか?

坂東 リゾート感がある建物だったので......。私が好きになった人が、家族6人くらいで暮らしているお金持ちの方なんですけど、「家族が旅行に行ったから来なよ」って言われて。ドキドキしながら来ちゃった、みたいな?

――不倫? 細かすぎる妄想!

坂東 あはは。普段からSNSに、こういう妄想シチュエーションのセリフと自撮りを上げてるんですけど、アイドルやグラビアをやっている以上、「まず男性にウケなきゃ」と思うので、"あざとい女子"として覚えてもらいたいなと思います。ゆくゆくは憧れの田中みな実さんみたいな、男性だけじゃなく女性に対してもあざとい女子になりたいですね。

――ちなみに、実践している"あざといテクニック"、あります?

坂東 ファンの方と交流するときは、できるだけ近めで、正面じゃなくて斜めにいるようにしてます。男の人って「斜めから見つめられると恋に落ちる」って聞くし、横顔が見える位置のほうが彼女っぽいかな~って。題して「隣に接近戦」! まぁ、今のご時世、近づきすぎたらダメですけど。

――確かに「......俺のこと好き?」と錯覚しそう! では、"あざとい女子"でいるために気をつけていることは?

坂東 あざとい女子の前にアイドルなので、常に前向きでいるようにしてます。ファンの方がちょっとでも「ん?」と思う変な言葉遣いとかネガティブな発言はしないようにして、逆に「クヨクヨしてもニコニコしても、人生は一回きり」みたいなポジティブなことを言うように心がけてます。

――その格言は自身の経験から?

坂東 いや、これは憧れのゲッターズ飯田さんが言ってたことを自分なりの言葉にしました(笑)。

――田中みな実さんに続くふたりめの憧れの人登場!

坂東 ゲッターズ飯田さんは公式LINEがあるんですけど、友だち登録すると、不定期でポジティブな言葉が送られてくるんですよ。私自身、それを読んでいるうちに明るい性格になれたので、私も発信していこうと。

――なるほど(笑)。ではここで、ファンや読者に向けてひと言を。

坂東 皆さんのおかげで今回チャンスをつかむことができました。これからも"ファン孝行"できるように、アイドルもグラビアも頑張ります!

――ちなみに、今後やってみたいグラビアは?

坂東 私、「顔が和風」って言われることが多いので、畳の上とかで"和"なグラビアもやってみたいです!

――次回も妄想が楽しみです!

(スタイリング/MELON ヘア&メイク/萩村千紗子) 

●坂東 遥(ばんどう・はるか) 
1995年11月3日生まれ 神奈川県出身 身長153cm 血液型=A型 
◯アイドルグループ「Jams Collection」メンバー。「春のTOKYO GRAVURE IDOLFESTIVAL ONLINE 2021」と週刊プレイボーイが合同開催した「春のTGIF週プレ賞」のグランプリ。
公式Twitter【@haruka_jams】 
公式Instagram【@b.haruka1103】

関連サービス