『グラビア美女画報~女子のためのグラビア講座』第6回2020年「ミス少年マガジン賞」受賞の16歳・菊地姫奈の大人っぽさが、大人たちを魅了する理由(わけ)とは?

グラビアライター・とりとグラジャパ!スタッフ・金髪りさによるグラビア好き女子ふたりが、気になるグラビア美女やデジタル写真集を女子目線で語るコラム。今回第6回は、菊地姫奈さんをピックアップ! 2020年「ミス少年マガジン賞」受賞の16歳・菊地姫奈の大人っぽさが、大人たちを魅了する理由(わけ)とは?


とり 昨年開催された「ミスマガジン2020」で週刊少年マガジン賞を受賞し、今後の活躍が期待されている新人グラビアアイドルの菊地姫奈さん! 現在、週プレからは、初登場時のアザーカットをまとめた『ススメ、夏色女子高生』と、その約半年後の撮り下ろしをまとめた『ちょっとだけ』の2冊のデジタル写真集がリリースされています。

 

金髪 今回は、2作目のデジタル写真集『ちょっとだけ』について語ってみましょうか。タイトル通り”ちょっとだけ”大人っぽく、”ちょっとだけ”クールな雰囲気に挑戦した内容となっていますが、とりさんはどんな印象を持ちましたか?

 

とり 赤、白、黒、ピンク、緑など、いろんな色味の水着で登場していたので、「こんなカラーも似合うんだ」という挑戦と発見の連続のように思いました。それまで白やピンクなど淡い色のイメージが強かったので、パキッとした色は新鮮でしたね。

 

デジタル写真集『ちょっとだけ』(撮影/唐木貴央)より(以下、同)

 

金髪 衣装のバリエーションが豊富だから、見ているだけで楽しいですよね。私がいちばん好きなのは、このピンク色の水着。ワンピースタイプの水着は子どもっぽく見えてしまいがちなのに、大人っぽく着こなしているのがさすがだなって。体のラインがとても綺麗なんですよね。

 

 

とり まだ16歳にも関わらず、大人顔負けのスタイルのよさですよね。それに表現力も凄まじいです。水着の色味に合わせて、別人なんじゃないかってくらい表情が変化しているんですよ。特にこのカットは、白ビキニの爽やかさに対して、「清純な少女のイメージを持たれがちだけど、私は、本当はもっと大人なんだ!」と想いを燻(くすぶ)らせているような……。表情やポージングから、そんなもどかしさを押し殺している印象を受けました。菊地さん、演技派ですよね。グラビア歴1年未満とは思えぬ表現力で、グッときましたよ。

 

金髪 とりさんって、背中を向けて物思いに耽(ふけ)っている写真が好きなんですかね? 今まで選んできたカットも、こんな感じのが多かった気がします。

 

とり お尻フェチなので、後ろ姿のカットは特別好きかもしれないですね。それに、いくら写真とはいえ、人と真正面から向き合うのってちょっと恥ずかしくないですか?もちろん、まっすぐ捉えられたカットも好きですよ。でも、気持ちとしては背後から覗き見るぐらいがちょうどいいんですよね。

 

金髪 写真だし、私は恥ずかしくならないかなぁ(笑)。

 

とり まぁ、そうですよね(笑)。でも、あまり背面か真正面かは意識していなくて、このカットも率直に表情とポージング、全体の雰囲気がよかったので選びました。「もっと大人なんだ」のくだりは完全に私の妄想ですが、私も菊地さんのことを素朴な少女だと思い込んでいたので、こんなにも大人っぽいグラビアを形にしちゃうんだと驚かされましたね。

 

 

金髪 大人っぽいと言うと、この前髪を分けたカットは特にそうじゃないですか?黒の無地の水着を着たのはこのときが初めてらしく、本人もインタビューで「大人っぽいグラビアの方が自分には合っている」と語っていましたよ。

 

とり そう言えば金髪さんは、出始めの頃から菊地さんに注目されていましたよね。どういったところに魅力を感じたんですか?

 

金髪 はじめて菊地さんのことを知ったのは、「ミスマガ2020」のベスト16が発表された記者会見の写真。もともと素朴なお顔立ちの女のコが好きで、菊地さんはまさにどタイプだったんです。でもそれだけじゃなくて、素朴な顔とグラビア向きのスタイルにギャップを感じたことも理由のひとつ。そこから菊地さんのSHOWROOMを見てみると、喋り方が丁寧で落ち着いていて、内容もしっかりしていて。知れば知るほど奥ゆかしさのあるコだなって思って、気付いたらどんどん惹かれていましたね。

 

とり 菊地さんは、将来女優になるために今グラビアを頑張っていますもんね。年相応な一面もあると思うけど、本当にしっかりしていますよね。

 

金髪 女優を目指したのは、子どもの頃に同い年の芦田愛菜ちゃんが子役として活躍しているのを見て、自分もやってみたいと思ったことがきっかけだそうです。そのときは親御さんに反対されてしまったみたいですけど……。

 

とり 芦田愛菜ちゃんと同い年……!?

 

金髪 そうそう!そう言われると一気に幼く感じますよね(笑)。

 

とり ビックリしました(笑)。そっかぁ……。芦田愛菜ちゃんももう大人ですもんね。でも、その頃から女優に憧れて、親御さんに反対されても夢を諦めることなく、自分で行動できる年齢になってさまざまなチャレンジをしているのは凄いことですよ。菊地さんの場合はスカウトされたとか、SNSで偶然バズったとかじゃなく、自分の意思で前に進んでいますし。

 

金髪 「ミスマガ2020」のほか、「2020ミス・ティーン・ジャパン」や「ミスID2020」にも応募されています。自分の可能性を探りながら、一生懸命頑張ろうとしているのが行動に表れていますよね。

 

 

とり そのなかでグラビアに辿り着いたわけですけど、グラビアは単なるステップアップの場ではなく、女優を目指す今だからこその熱い眼差しを収める場所でもありますよね。グラビアのカメラマンさんって、みなさん、その時代やその年齢でしか出せない空気感を独自の視点で切りとってくれる人が多いんですよ。特に本作を撮影されている唐木貴央さんは、そんな空気感をナチュラルにかわいく撮ってくださるカメラマンさん。このカットなんてまさに、16歳の菊地さんならではの自然な笑顔が写っている気がしました。

 

金髪 グラビアで頑張っているコを応援していると、夢を叶えるまでの過程を一緒に歩む感覚になれるから面白いですよね。本作は、前作『ススメ、夏色女子高生』に比べて、だんだんグラビアにも慣れてきたのか、笑顔のカットが多いのも見どころ。まさに菊地さんの成長が感じられる一冊と言えるんじゃないかな。

 

とり 初々しい笑顔がかわいらしいですよね。これからもっと表現力を身に付けていくだろうから、数年後に改めて見返すと「こんな笑顔を見せる頃があったのか」と味わい深いものになっている気がします。だからこそ、役者の世界で輝くその日までの一瞬一瞬を、グラビアにたくさん刻んでほしいですね。

 

(構成/とり)

 

【作品紹介】

【デジタル限定】菊地姫奈写真集「ちょっとだけ」

撮影/唐木貴央 価格/880円(税込)

豊富な色味の水着に、いつもと違うヘアアレンジで。"ちょっとだけ"大人っぽくも、16歳の菊地さんらしい豊かな表情がたくさん見られます。最近菊地さんが気になりかけている方にも、おすすめの一冊です!

関連コラム

関連サービス