『声優トモ写!』【菅野 真衣・陶山 恵実里編】第2回

仲良しの声優2人がお互いを撮り合うデジタルフォトブック「声優トモ写!」。このコラムでは、2人の関係性に迫ったインタビューや、衣装選びから撮影のアイディア出しまで、フォトブックの制作過程を全4回に渡りお送りします!!


コラム第1回から「トモ写!」の初回にピッタリと言える仲の良さがうかがえた菅野さんと陶山さん。第2回では、そんなおふたりにどんなフォトブックにしたいかをお聞きしました!!



――本格的なカメラで写真を撮ったことありますか?


菅野 ないですね。私、お姉ちゃんがいるんですけど、お姉ちゃんは写真を撮るのが好きで、良いカメラを持っていた気がします。「私が撮りたい!」って言っても「いや、これいくらすると思ってんの!」って言われて少しも触らせてもらえなくて。高価なものなんだなっていう印象があります。


――被写体として、グラビアや写真集の撮影経験はありますか?


陶山 私は、元々アイドル(『虹のコンキスタドール』)として活動していたので、当時は写真を撮ってもらうことも多かったのですが、写真集的なものには出たことがなくて。撮影の仕事もしばらくなかったので、初めてぐらいの気持ちですね。ド緊張しています。


――でも、今回はカメラマンが菅野さんです。


陶山 たしかに。仲の良い人が撮ってくれるっていうのは、ひさしぶりの撮影でも安心できます。


菅野 私は、撮影の仕事はほとんど経験がなくて、最近『アイプラ』(TVアニメ『IDOLY PRIDE -アイドリープライド-』)が始まって、雑誌の撮影を初めてさせていただきました。慣れている子は1枚ごとに違うポーズをとっていたりするのに、私は「オタクピース!」みたいなポーズをとってしまったり、全然上手にできなくて「ズーン……」となってしまって。なので、この企画を機に色々なポーズだったり、表情だったりができるようになれたらいいなと思っています。


陶山 ポーズ難しいよね。


菅野 ダンスを踊っているのかと思うくらいすごかった。難しい……ついオタクピースしちゃう……。

ここから先はプラス!限定公開です。

関連サービス